Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「咲-Saki-阿知賀編」の第14話の放送まであと1時間!

saki13_80.jpg
また「ちょっとオモチの子」
に会えますね!
(笑

といっても14話は中堅戦の「オーラス」からなので、
「オモチの子」の見せ場はすぐに終わるだろう・・・

そういえば「咲-Saki-阿知賀編」のアニメは
全15話だと思ってたんだけど、
内容的に厳しいらしく
1話増えて全16話の予定になった
と、漫画が連載されてる「月刊少年ガンガン」の
公式サイトだったかに書いてありました
(本編が連載されてる
 「ヤングガンガン」の公式サイトだったかも?)

咲-Saki-阿知賀編 14話放送間近
http://www.saki-anime.com/blog/information/post_701/
感想は放送から2日後くらいにまた書きますねぇ♪(笑

ほいでは13話の予告のキャプチャーで宣伝に貢献して終わり
(これも「著作権」を考えれば違法なことなんだけど、
 悪意のある「著作権」の侵害ではないので許されるだろう)
(でも「著作権」保持者が訴えれば有罪なんだろうね)

「バンダイチャンネル」で
今月の14~20日まで13話が無料で配信されていたときに、
合計7回くらい観ちゃったの内緒にしとこう・・・(笑
14日の0時30分~の配信だったんだけど、
その時に4回連続で観たとか絶対言わないでおこうっと(笑

そして13話のエンディングと14話の予告を
チャックするのを忘れていてそのときに初めて観た!(笑
「咲-Saki-」ファン失格やな!)

saki13_81.jpg
スタッフロールが邪魔やぁ・・・(泣

saki13_82.jpg
「淡(あわい)」ちゃん恐ろしや(震

saki13_85.jpg
こういう女の子同士のスキンシップ?って良いよね!

saki13_86.jpg
14話はこの二人が目立つっぽい

saki13_87.jpg

saki13_88.jpg

saki13_89.jpg

saki13_90.jpg

saki13_91.jpg
これって麻雀アニメだよね!?

これって「ニーハイ」?「ニーソ」?
長さによって3~4種類?の呼び方があるようですね
Wikipediaの「ニーハイ」のページで知ったけど、
日本で「膝上」の意味で使われている「ニーハイ」は誤用で、
英語では「膝までの高さ」という意味らしく

正しい英語だと「オーバーニー」だそうです
(まあ日本ではそれで通じるから問題ないけどね)

けど俺は、
saki13_78.jpg
こういう普通の長さの白い靴下が清楚で一番好きやで!
いかにもええとこのお嬢様っぽい感じがええやんっ!
育ちの良い箱入り娘みたいな感じがさっ!)

saki13_79.jpg
最初のキャプチャー画像とは表情が違います!(笑

saki13_83.jpg

saki13_84.jpg

saki13_92.jpg
14話はこの子を中心に話が進むと思われる

saki13_93.jpg

saki13_95.jpg

saki13_96.jpg
も一回言うで?
これって麻雀アニメやんな!?
(「縛り」プレイの他にも「釣り」をしてる人もいるよ・・・笑)

おっと、もう30分前だぁ~♪

最後は「オモチの子」と
「憧(あこ)」ちゃんに締めくくってもらいましょう(笑

saki13_101.jpg

saki13_102.jpg
振り込んで驚いたときの顔♪

saki13_98.jpg

saki13_108.jpg
「憧」ちゃんと「セーラ」は、
マージャンを一緒に打つたびに仲良くなっていってる

デキるのは時間の問題でしょうねっ(何の話や!?)
というか、全国大会が終わった頃には付き合っていそう(笑

ああ、でも、
「セーラ」は高校3年生で「憧」ちゃん高校1年生
ってことは、
「憧」ちゃんはマージャンの全国大会が終われば
新しい目標に向かって歩むことになる
のだろう
「セーラ」と同じ大学に行くっていう目標になっ!
(だから何の話をしとんのや?笑)

saki13_100.jpg
って感じの表情の「憧」ちゃん(笑

まったく触れずにスルーするのは可哀相なので・・・
saki13_97.jpg
同じ卓を囲ってるあと一人も忘れないであげて!

そして最後の一枚は、
saki13_103.jpg
やっぱ「咲-Saki-」といえば「片目どアップ」でしょ!
スポンサーサイト

地上波放送されないのが勿体無い

saki13_1.jpg
と思って公式サイトへ確認に行ったら、
「咲-Saki-阿知賀編」第13話の配信情報がありました

一番早いので1月13日に
「ニコニコ動画」や「バンダイチャンネル」、
数日遅れて「あにてれしあたー」やら
いろいろなところで配信されるようですね

1月30日「PlayStation®Network」・・・
こんなところでもアニメ配信がされているんだ!?

モバイルでも1月20日に
「ビデオマーケット」で配信されますね

詳しくはこのページ
咲-Saki-阿知賀編13話配信情報
&14話AT-X放送情報告知

http://www.saki-anime.com/blog/information/post_674/

saki13_5.jpg
観てねっ?
今回の「斎藤 千和」さんが演じる
「大星 淡(おおほし あわい)」は可愛い系の声だった

下に中国語の字幕が出ているけど、
俺はちゃんと「AT-X」の放送で観ましたからねっ!

ただテレビ画面をキャプチャーする設備がないので、
キャプチャーするためインターネットを利用した

それでは紹介せずにはいられないほど面白かった
「咲-Saki-阿知賀編」第13話の感想記事のスタートです!

っと、その前に・・・
お気に入りのMAD動画を紹介♪
【MAD】ゴールデンタイムラバー(咲 -SAKI-)
http://www.youtube.com/watch?v=HoxZ-4xdXe4
この動画は作成者の「咲-Saki-」へ対する愛情や
センスがとてもよく伝わってきます

「阿知賀編」も含めて一番面白かった、
インターハイ長野県予選団体戦
のシーンで構成されていますね

動画の2分41秒からの
「久」ちゃんの牌を弾くシーンで、
弾いてから「最高のフェアリーテイル~♪」と
歌の始まるタイミングにセンスを感じます!

てかこれって「鋼の錬金術師」の
アニメのオープニング曲じゃん?
麻雀の歌らしいし、
歌詞とかも「咲-Saki-」の方が合ってるよね?

これってさ・・・
製作側が「スキマスイッチ」に、
製作「アニメの主題歌を作ってほしいんだけど?」
とお願いしてさ、
スキマ「いいけど何の雑誌の漫画?」
製作「作品名はまだ言えないけどガンガンの・・・」
スキマ(え、まさか「咲-Saki-」ちゃうん!?)
スキマ(よっじゃ、麻雀の歌でも作ってみるか!)
みたいな感じで作っちゃったんじゃないかな?(笑

丁度、
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」と
「咲-Saki-」本編のアニメ放送時期が、
同じ2009年4月5日だし勘違いがあってもおかしくない

「ボンズ」と「ゴンゾ」は、
アニメの製作協力をあまりしてないようだから、
最初は「咲-Saki-」の主題歌という話だったけど
途中になって「鋼の錬金術師」に変更されたってことはないだろう

「スキマスイッチ」が「ガンガン」の読者で当時なら、
大きく紙面で「鋼の錬金術師」と「咲-Saki-」の
アニメ化決定を取り上げられていたと思うから、
勘違いしてしまうことはありえると思うんだよね

まあ、ただ単に「スキマスイッチ」が
麻雀の歌を作りたかっただけかもしれないけど!(笑

でももしも「ボンズ」と「ゴンゾ」がもっと親しかったら
「スキマスイッチ」の「ゴールデンタイムラバー」が
「咲-Saki-」のオープニング曲になっていたかもしれない
よねぇ


あと長くなりそうだから、
何曲か「咲-Saki-」関連の曲を紹介しておきます
天江衣 キャラソン
http://www.youtube.com/watch?v=p-PL0Ibjf8Y
海に映る月を掬い取る!

片岡優希 キャラソン
http://www.youtube.com/watch?v=mdac0RIrQPc
タコスうまうま♪

01. One Vision
http://www.youtube.com/watch?v=k8JsihVtZXE
「阿知賀編」のキャラソンは好み(賑やか系)の曲が無い・・・

01. YES!! READY to PLAY
http://www.youtube.com/watch?v=jdGFiWh9lTY
賑やかだけどテンポが好きじゃない・・・

熱烈歓迎わんだーらんど
http://www.youtube.com/watch?v=hIue2J2mrzQ
四角い宇宙で待ってるよ
http://www.youtube.com/watch?v=ineW6n4Fe0E
01. SquarePanicSerenade
http://www.youtube.com/watch?v=a3EwQGerFcA


それでは「咲-Saki-阿知賀編」第13話の感想デェス!(笑

saki13_6.jpg

saki13_68.jpg

saki13_8.jpg
第13話はキャラの顔の輪郭が
丸顔になっててみんな可愛さがアップしてる
よ!

futuristic player full
http://www.youtube.com/watch?v=-F9z_-5HNLc
MAD 咲-Saki-阿知賀編- 
only my railgun 桃井はるこver

http://www.youtube.com/watch?v=eOG_SaTNQxw
当時は気付かなかったけど、
前半に比べると後半はかなり丸顔になってたんだねぇ

saki13_32.jpg

saki13_54.jpg

saki13_64.jpg
ちょっと「オモチの子」かわええ!
(「ちょっとオモチの子」ってセリフが言いたかっただけ!笑)

saki13_29.jpg

saki13_69.jpg
あったかい「宥ねぇ」の可愛さに13話目にして気付いた!(笑
(「あったかい」って気温的な意味だから
 「暖かい」の漢字なんだろうけど、
 「宥ねぇ」の場合は「温かい(心とかの意味)」の方が
 イメージ的に合うから迷って「ひらがな」にしといた)

saki13_23.jpg

saki13_24.jpg
「宥ねぇ」のメガネ姿も可愛いよぉ~!

saki13_21.jpg

saki13_35.jpg
「宥ねぇ」のマフラーと手袋はカッコよすぎだし!(笑
(あ、「宥」は「ゆう」と読みます)

こんなふうに可愛い女の子の登場キャラクターを見て
ニヤニヤする「萌え系」アニメ
なら、
「咲-Saki-」にここまでハマることはなかったんだ・・・

saki13_18.jpg

saki13_19.jpg

saki13_20.jpg
この90年代の「スポ魂」アニメのような
熱さや雰囲気にとても惹かれる
んです!

saki13_14.jpg

saki13_15.jpg

saki13_16.jpg

saki13_17.jpg
「咲-Saki-」のお家芸の表現といえば、
この片目どアップからの瞳から炎や電流を出すシーン

俯いてる状態から顔を上げるタイプと、
片目にズームインをしていく2種類がパターンが多い

8~90年代の「スポ魂」アニメに親しんだ人なら
見慣れた演出で目新しさはないですがそこがイイんです!

あとは牌に雷が落ちる演出とかもあります(笑
saki13_12.jpg

saki13_13.jpg

他にも麻雀以外で表現する場合もある・・・
saki13_30.jpg

saki13_10.jpg
これって麻雀アニメだよね!?
と、疑問を覚えてしまうようなシーンも沢山あります(笑

「マージャン」というスポーツをやっている
と思えば違和感が少ないので、
麻雀はスポーツ」として観てください♪(笑


さらにはソフトな「百合」シーンまであります
saki13_39.jpg

saki13_40.jpg

saki13_41.jpg
いつの間にか「菫(すみれ)」部長じゃなくて、
「淡(あわい)」ちゃんとの
組み合わせの方が多くなってるよ「テルー」
saki13_51.jpg
「まったくもって(淡)に関しては少し様子を見る」
「・・・いや、これ以上は危険かもしれないっ!」

saki13_42.jpg

saki13_43.jpg

saki13_44.jpg

saki13_45.jpg

saki13_46.jpg
丸顔になって「憧(あこ)」ちゃんがさらに可愛く
美少女ポジションの「和(のどか)」より人気なんじゃ?

saki13_47.jpg

saki13_48.jpg

それはそうと、
「セーラ」の活躍をもっと見ていたかったなぁ・・・
saki13_49.jpg
13~15話の3話で
大将戦まで終わらせないといけない
からか、
13話は大慌てでどんどん話を進めて行く感じだった

漫画の方を知らないけど、
それでも重要なシーンは省かずに
ちゃんと見せてくれてる
からなのか、
13話の全体での評価ならとても楽しめました♪

製作側も大事なシーンは
もっと丁寧に作りたかった
んじゃないかなぁ?
それでも限られた中で上手く纏められるところは
流石はアニメ製作のプロ
だよね!


あと「高校生の頂点」である「お姉ちゃん(ラスボス)」が、
本編の初登場の印象とはもう別人になってる

「この程度の相手じゃ調整にもならない」や
「私に妹はいない」とか言ってたのに・・・

「営業スマイル」とか裏表のある性格という印象だったけど、
saki13_33.jpg
「今回の相手は手強くて使いどころが難しかったから」
「千里山の人、大丈夫かな・・・」
「ねぇ、菫(すみれ)に癖とかあったかな?」
とか、イイ子な発言を連発だったよ!

まあインタビューの後に、
菫「おまえ、営業スマイル凄いな」
みたいなこと言われたときに、
テルー「(対戦相手とか)感謝をしているのは本当だ」
とか言ってたし、
元々性格は悪くない設定でラスボスらしく見せるために、
初登場ではああいう冷めた態度だったんだろう


このソフトな「百合」シーンほんわかした日常と、
麻雀の試合中の熱さギャップが絶妙だよね!
saki13_58.jpg

saki13_59.jpg

saki13_1.jpg

saki13_2.jpg
あっ♪
またそんな大きいのぉ~///

注)麻雀の役の点数のことだよ☆


そして最後はぁ~

オーラス
saki13_73.jpg
「オモチの子」の見せ場ぁぁぁあああぁぁぁ!

saki13_74.jpg
地に蒔いた種が

saki13_75.jpg
木々になり

saki13_76.jpg
実る頃・・・

saki13_77.jpg
注)麻雀アニメです!

saki13_71.jpg

saki13_72.jpg
ハーベストタイム!!!

himawari_2.jpg
「オモチの子」かわええ~!

で、13話は終わり・・・(笑
saki13_31.jpg
すばらっでした!
(「すばら」とは「素晴らしい」の略です・・・)


14話を早く観てぇ!
「咲-Saki-阿知賀編」の第14話は、
「AT-X」で2013年1月29日(火)の
19時30分~20時00分が初回放送
です!


最後は適当に独り言

saki13_11.jpg
現在、作中に登場しているキャラクターで
麻雀が一番強いのは「すこやん」
だよね?

saki13_25.jpg
「テルー」は「高校生の頂点」だけれど、
やっぱり「菫」の癖とか見抜けないところを見ると、
「レジェンド(阿知賀の監督)」と比べて劣るって事は
プロではまだ通用しない
レベルなんかな?
知らんけど!

saki13_41.jpg
白糸台高校の大将を「まったくもって」がしてる(上の画像の左)
自称「実力で言えば高校100年生」
たぶん牌に愛された子でもある

テルー「淡は私より強い」
って可能性も出てきてるよねぇ・・・

saki13_61.jpg
「フナQ」の話では、
今年で最もヤバい一年生

だけど千里山女子高校の大将である
「清水谷 竜華(しみずだに りゅうか)」と戦ったら、
最高状態の「膝枕(竜華)」でも苦戦するかも
と予想しているようです


そういや「船久保 浩子(ふなくぼ ひろこ)」の
声優が13話から変わったんだよね

前は好き嫌いが分かれるタイプの声だったけど
今回は万人受けというか悪い言い方をすると特徴のない声・・・

自分は前の声を好きだったから残念
でも今回の声優だって頑張っているんだろうから
批判とかはするつもりないから頑張ってください!

今、Wikipediaで見たら、
もう「咲-Saki-の登場人物」のページの声優も
ちゃんと表記されてるんだね

そういやこの方や他の千里山女子高校の
レギュラーメンバー4人を演じてる、
「StylipS」というアイドル声優グループの方たちって
みんな関東出身なんだね!

千里山女子高校は「大阪」だから、
みんな関西弁を使ってるんだけどあんまり違和感ない

「愛知県」から見ると、
「三重県」ってかなり関西弁に聞こえる
らしい
「愛知県」に近い「四日市市」や
「鈴鹿市」はそうでもないらしいけど、
それより南はかなりの関西弁に聞こえるらしい

三重県民は関西弁だと思っていないし実際に関西弁とは違う
たしかに南に行けば行くほど関西弁っぽくなるけど、
三重県独特の田舎臭い「なまり」が混ざるから、
関西方面の人には関西弁には聞こえない

そしてその「関西弁」だけども、
これも関東の人には分からない違いが沢山ある

「大阪府」と「奈良県」の関西弁は、
関西の人からだと違いが分かる
同じく「和歌山」と「大阪」でもそうだし、
「舞妓言葉」の印象が強いから
イメージできないかもしれませんが、
「京都」と「大阪」も違うし「兵庫」や「滋賀」も違う

関東の人が関西弁を話すと
やっぱりイントネーションに違和感があるんだけど、
上で説明したように、
「関西弁」にもいろいろあるのでそこまで気にならない

むしろ関東人が「関西弁」を話すと、
関東の品の良さが出て、
関西弁なのにどこか品のある可愛らしい関西弁になって
関西人の関西弁にはない魅力がありますね!(笑


っと、話を戻しましょう

「膝枕」ってそんな強いの!?
「フナQ」の予想が外れて、
「まったくもって」は今までの公式試合では
本気を出していなかった!

みたいな流れで圧倒するとかありそう

そうなると「咲-Saki-阿知賀編」の
主人公で阿知賀女子学院の大将を務める
「高鴨 穏乃(たかかも しずの)」が
なんかの能力に目覚めて2位通過で決勝進出かな!?

「穏乃」も可愛さがアップしてやがるしっ!(笑
saki13_66.jpg

shizuno_1.jpg
「浴衣」はともかく、
普通に制服を着るだけでももっと可愛くなるでしょ

「穏乃」はジャージを着なければ
もっと可愛くなるタイプ・・・

supi-dowagon_1.jpg
(「スピードワゴン」よりコメントを頂きました♪笑)


よく考えたら、
「園城寺 怜(おんじょうじ とき)」が
もう一度「テルー」と戦ったら次は確実に死んじゃう
よね・・・

「セーラ」の活躍はもっと見たいけど、
全国2位の千里山女子高校が決勝進出する可能性は少ないよね

今回の13話は「病弱(怜)」の登場シーンが
1回しかなかったから画像はありませんがお許しを
(この記事は13話のキャプチャー画像だけを使ってます)
(「ゆるゆり」と「ジョジョ」の画像以外!笑)

それに「ギギギィー」ってヤツを使うには
「病弱」の能力は邪魔になる
んだろうし、
決勝は「テルー」の本気が見れるんでしょう!

saki13_53.jpg

saki13_56.jpg
新道寺女子高校が決勝進出することはナイでしょう!


ルックス対決

「新道寺」
saki13_9.jpg

saki13_52.jpg

saki13_57.jpg

「阿知賀」
saki13_7.jpg

saki13_65.jpg

saki13_22.jpg

saki13_26.jpg
「松実(まつみ)」姉妹だけでも
可愛さなら全国トップレベル
だねっ(何の話や!笑)

「白糸台」
saki13_3.jpg

saki13_34.jpg

saki13_33.jpg

saki13_5.jpg

saki13_72.jpg
「白糸台」って予想以上に強敵やん(だから何の話!?)

「千里山」は、
主力の「膝枕」と「病弱」の出番が13話は少なかったから無し
saki13_38.jpg

saki13_60.jpg

saki13_55.jpg

saki13_63.jpg
個人的に「セーラ」は好きやなぁ

龍門渕高校の「井上 純(いのうえ じゅん)」とか、
可愛らしい女の子ばかりの中では、
こういう男っぽいサバサバした性格のキャラが引き立つね!


こうやって並べて比べると、
「白糸台」と「阿知賀」の決勝進出かなぁ?

「新道寺」に関しては・・・
saki13_62.jpg
なんもかんもルックスが悪い!
(このシーンの使いどころに迷ってただけで、
 そこまでルックスが悪いとは思ってないよ!笑)


だけど「阿知賀」の目標である、
和(のどか)と遊ぶんだ!
の「エトペン(和)」は副将だから、
転校するまで仲が良かった
「穏乃(大将)」や「憧(中堅)」に、
顔見知り程度?の「玄(先鋒)」の誰とも当たらない

一応はもう一つの目標として、
「レジェンドとインターハイ優勝」?もあるけどどうなの?

「阿知賀」が敗退して「エトペン」に、
阿知賀「負けちゃった」
エトペン「もう帰るの?大会が終わったら一緒に打とう?」
で目標達成でもいいし、
阿知賀「個人戦には出ないからもう帰るよ」
阿知賀「来年こそは全国の舞台で一緒に打とう!」
みたいな結末でもいいんじゃないかな?

そう考えると、
「千里山」の決勝進出の可能性もまだあるんだよね!

それに「咲-Saki-」シリーズのアニメ製作をしている
「スタジオ五組」は「ゴンゾ」から独立して
資金面をどこかに援助してもらっている
ようで、
さっき書いた「千里山」のメンバーを演じる
アイドル声優グループの「StylipS」を推したり
使わないといけないみたい
だから、
そういう意味で考えると「千里山」を演じさせたのは、
本編である「全国編」でも登場することになる
決勝進出校に振り分けた方が出番が多くなる
から、
「StylipS」を「千里山」に演じさせたのかもしれない

「咲-Saki-阿知賀編」のOP曲
その次のクールで放送された
「この中に1人、妹がいる!」のOP曲
「咲-Saki-阿知賀編」の13話のED曲
明らかにどこかからか資金援助を受けてるでしょ!?


あとは本編の主人公「宮永 咲(みやなが さき)」も
決勝まで勝ち進んでも「お姉ちゃん(テルー)」は先鋒で、
「咲」は大将とこちらも一緒に打てない
んだよね

だけどこっちは個人戦にも出てるから、
個人戦でキャッキャすることになるんだろうね


漫画を読んでないから詳しくは知らないけど、
Wikiの「咲-Saki-の登場人物」で知ってるだけ)
牌に愛された子の一人「姫様」がいる
永水女子高校が初戦敗退(シードだから2回戦目で)と
あまり活躍しなかった
ようなので、
「神代 小蒔(じんだい こまき)」や
去年全国2位の「荒川 憩(あらかわ けい)」の
活躍するシーンは個人戦で見せてくれる
のでしょう!


個人戦のことを考えると、
団体戦で「咲」は「テルー」と直接対決できないわけだし、
「白糸台」が3連覇で団体戦は終了ですね!ね!ねっ!?
「オモチの子」と「まったくもって」と「テルー」頑張れ!

んで、前項大会が終わったら、
大会で優秀な成績を残した選手を選んで国際大会!

・・・の前にお得意の合宿をするんだ!

メンバーは補欠を入れて、
「天江 衣(あまえ ころも)」
「龍門渕 透華(りゅうもんぶち とうか)」
「宮永 照(みやなが てる)」
「大星 淡(おおほし あわい)」
「江口 セーラ(えぐち セーラ)」
「福路 美穂子(ふくじ みほこ)」
「竹井 久(たけい ひさ)」
「宮永 咲(みやなが さき)」
「原村 和(はらむら のどか)」
「高鴨 穏乃(たかかも しずの)」

漫画の方を知らないから、
「臨海女子高校」と「姫松高校」と
「宮守女子高校」にあと「北海道代表」は分かりません・・・

「園城寺 怜(おんじょうじ とき)」に国際大会なんて
体力的に無理ってことで、
そうなると「清水谷 竜華(しみずだに りゅうか)」も
行かないでしょうということでメンバーから外した

監督はもちろん今んとこ作中最強の
「小鍛治 健夜(こかじ すこや)」で、
合宿のゲストに「赤土 晴絵(あかど はるえ)」


まあ何が言いたかっていうとね・・・

合宿の練習で「すこやん(健夜)」と
「衣」と他二人(「テルー」と「冷たい透華」かな?)
の4人で打って「衣」が「すこやん」に勝って、
すこやん「世界には私より強い人が沢山いるよ!」
そして世界へ・・・

みたいな終わり方で、
「衣」ちゃんに作中最強の称号を
与えて終わってほしいね!


maki_1.jpg
全国で見てみたかったけどな
アイツ(衣)を・・・


koromo_25.jpg
うおおお、何でや!!何でやぁー!
て感じでホントに悔しかったけど、
あんたはまだ先がある、ガンバレ龍門渕!
と言い聞かせて自分の感情を落ち着かせました

てか「スラムダンク」のセリフなら
ほとんど暗記してます
んで、
いっくらでも割り込ませられますね(笑

「スラムダンク」が好きな人には是非観て(読んで)ほしい
「咲-Saki-」は熱狂的な「スラダン」好きの自分が
オススメするアニメ(漫画)
です!

「黒子のバスケ」に「スラダン」のような
ストーリーを求めてガッカリした人
にもオススメします
「黒子のバスケ」をディスってるわけではありません
(あれはああいう漫画として別物と考えましょう)

「黒子のバスケ」は能力バトルがメインのバトル漫画!
「バスケットボール」はオマケなのです

「スラムダンク」は作者の
「バスケットボール」というスポーツに対する愛があり
読んだ後には、
バスケがしたいです・・・
って気持ちにさせられる

「咲-Saki-」も能力バトルがメインなんだけども、
「麻雀」というスポーツを真剣にプレイしているし、
何より観た(読んだ)後に、
麻雀がしたいです・・・
と「スラダン」と同じ気持ちになれる

さらに、
最初のイメージは最悪だった
大阪2位の「豊玉」
も試合後半には、
勝った方が100倍楽しいもんな!
とかスポーツを楽しんでいる目で言われちゃぁ
応援したくもなってしまう
んだよねぇ

「咲-Saki-」も観て(読んで)いると
それに似たような感情が芽生えるんだよね!
ライバル校の魅力を試合中に小出ししていくから、
試合が進めば進むほどライバル校を応援したくなる(笑
俺はチームの主役じゃなくていい
(話の主役であれば・・・)


湘北に陵南が負けたときの「ボス猿」の気持ちを考えると、
「ボス猿」が涙を流して泣くシーンには釣られてしまうよね
「ゴリ」と抱き合うシーンでは、
凄く清々しい気持ちになったりと
上手く感情移入をさせてくれたんだよねぇ

こうやって「スラダン」に話の流れや展開が似ていて、
パクリとかそういうのじゃなく良い意味で!)
「スラダン」が大好きな自分はとても楽しめてます

是非、「スラムダンク」の作者の
「井上 雄彦」さんに読んでもらいたい

そして感想も聞いてみたいね!

ん?
今、ウィキペディア
「スラムダンク」のページを見て知ったけど、
2006年に文化庁が実施した
文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」にて
マンガ部門で1位を獲得。

「ダ・ヴィンチ」調べによる
漫画家、評論家、書店員、読者の総勢808人が選んだ
漫画史50年の中のコミックランキングで第1位に選出。
おおっ、皆ちゃんと分かってんじゃ~ん♪(何様?笑)

発行部数とか数字では「ワンピース」とかに負けてるけど、
俺の中では比べるに値しないほど「スラムダンク」を評価してます
何度も言うけど「ワンピース」などを批判しているんじゃなく
「スラムダンク」や「咲-Saki-」を持ち上げたいだけね!

「ステマ」とかを頑張ってる作品や製品などは、
そんなことに努力せず作品の質を上げましょう!
そうすれば自然とファンは増えるし、
熱狂的なファンが勝手に宣伝してくれます
よ♪


ホントの最後(笑)に、

koromo_5.jpg

koromo_6.jpg

koromo_7.jpg

koromo_8.jpg
一番左の子が本編の主人公「お股が濡れやすい咲ちゃん」
(おしっこがしたくてモジモジしてるだけ)

koromo_9.jpg
間違えて公開にしてしまった
現在11時28分、記事を完成させている最中です

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

GTSR

Extra

プロフィール

GTSR

Author:GTSR

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。